女性ホルモンを攻略して解決しよう!

 

女性のからだも、心も、お肌もすべて女性ホルモンによってコントロールされています。

 

生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどのからだの不調、イライラ、不安、不眠、もの忘れなどの心の不快症状、乾燥、吹き出物、シミ、しわなどのお肌のトラブルに・・・。

 

これらはすべて女性ホルモンの影響になります。こちらのサイトでは、女性のからだ、心、お肌の不調について、どう解消したらいいかを症状別に紹介していきますが、ほとんどの不調は、女性ホルモンの働きを理解することで、かなり原因も対処法もわかってくることなのです。そこでまず、女性ホルモンってなんなの??って思ってるあなたのために、女性ホルモンについてご説明したいと思います。女性ホルモンと女性のからだ、生理のメカニズムについても触れていきたいと思います。このきっかけで女性ホルモンについて攻略しておきましょう!

 

 

女性ホルモンってなに??

女性ホルモンはどこから分泌されているかおわかりでしょうか??

 

正解は、「卵巣」になります。

 

まず、女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)というふたつのホルモンのことを言います。これらは卵巣から分泌されています。そして、卵巣に「ホルモンを出すんだ!」と指令を出しているのが、脳の視床下部というところになります。視床下部はその下にある下垂体というところに命令を出します。すると、下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌します。この性腺刺激ホルモンは、黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンというふたつのホルモンがあって、これが卵巣に働いて、エストロゲンとプロゲスチンを分泌させます。整理しますと、「脳の視床下部⇒下垂体⇒性腺刺激ホルモン(黄体化ホルモン・卵巣刺激ホルモン)分泌⇒エストロゲン・プロゲスチン分泌」というのがホルモンの流れになります。すごいのは、このホルモンの流れには、フィードバック機構があるところです。エストロゲンやプロゲスチンの分泌量を脳が見張っていて、ホルモンがたくさん出ていれば、指令を控えてホルモンがあまり出ていないともっと出すように指令を出してホルモンの調節を行っているのです。

 

卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつ、プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠のホルモンになります。子宮の内膜を受精卵が着きやすい状態に整え、妊娠したのちも、妊娠を継続させる働きをもっています。一般的にはプロゲステロンは、エストロゲンと反対の働きをするといわれています。また、体温を上げる働きがあります。もう一方の女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)の働きは、ひとことで言うと、女性らしさのホルモンになります。女性らしいからだつきを作って子宮に作用して、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり、受精卵の着きやすさを助けたりします。卵を作るホルモンでもあるのです。従来は、わかっていたエストロゲンの働きはここまででしたが今は違います。今からだいたい20年ほど前から、エストロゲンの働きは、子宮や卵巣などの女性器や妊娠、出産への作用だけではないことがわかってきたのです。自律神経、感情の働き、骨、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きにも、エストロゲンが深く大きく関わっているのです。まるで、エストロゲンを攻略してしまえば、人間のからだも、心もコントロールすることができそうに思えませんか?

 

ところで、この女性ホルモンの分泌をコントロールしている脳の視床下部、下垂体では、人のからだに大切甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどのほかの内分泌系のホルモンもコントロールしています。この脳の視床下部、下垂体は、とってもデリケートです。脳にストレスが加わると、視床下部、下垂体の司令塔はたちまち乱れ始めます。ホルモンタワーであるおおもとが乱れてしまうと、真っ先に女性ホルモンの分泌が乱れ始めます。そして、それだけではなく、ほかの甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンも連動してますますバランスが崩れてしまうのです・・・。

 

そうなってしまうと、大変です。ホルモンは、血液中にほんの微量に存在するだけのものなのですが、全身にさまざまな変調がおこり、からだだけでなく心にも変調をもたらします。このように、ホルモンは、非常にデリケートで、微妙な調節をしつつ働いている機関なのです。

 

 

 

 

おなか、足、頭、太もも、傷む場所はいろいろです。

 

痛み方もずきずきと痛んだり、張る感じがしたり、重苦しく感じたりと、実にさまざまになります。なかには吐き気をともなう人までいます。

 

 

生理痛の原因

生理中におなかの張りや重苦しさを多少感じるくらいならだれにでもあるものですが、なかには痛みがひどくて寝込んだり、鎮痛剤を飲まないと仕事や日常生活に差し支える人もいます。こうなったら月経困難症になります。

 

月経困難症の痛みは、生理開始と同時にあるいは前日から始まる場合もあって、1〜2日で治まる人から月経期間中ずっと痛む人までさまざまです。ある時期から突然、痛むようになってくる人には、子宮内膜症や子宮筋腫などが原因の可能性もあります。また、特に病気でなくても、不規則な生活や冷え、慢性疲労、ストレスなどの全身の体調不良が原因という場合も考えられます。

 

 

改善方法

鎮痛剤を飲んで痛みが治まるのなら飲みましょう。

 

鎮痛剤を飲むとくせになるので・・・、とかからだに悪いからといって、飲まないで我慢している人もいますが、それではかえってストレスになり、心とからだ両方によくない影響を与えます。

 

痛み物質が体内にたくさん放出されてしまうと、痛みを長引かせることになって、そうなってからは鎮痛剤も効きにくくなります。月に数日、決められた量の鎮痛剤を飲む程度なら習慣にはなりません。ひどい痛みになる前に早めに飲んでからからだを休めましょう。先手ケアが大切になります。

 

いずれんしても、鎮痛剤を飲むような痛みのある人、規定量の鎮痛剤を飲んでも効かない人は、婦人科を受診しましょう!生理のとき痛いのは当然だと思っていると、子宮内膜症や子宮筋腫の場合は、病気が進行してしまうこともあります。ひどい症状がなくても、30代になったら年一回の婦人科でのヘルスチェックをおすすめします。

 

また、低用量ピルは子宮内膜を厚くするのを抑えて、生理の出血量を少なくする働きがあります。出血量が少なければ、生理時の子宮の収縮も少なくてすむので、痛みも軽くなるのです。子宮内膜症や子宮筋腫の人も、出血量と痛みを減らす目的で服用することは可能になります。

 

子宮体ガンなどを予防して将来の不妊を防ぐ効果もありますので、生理痛のひどい人は婦人科を受診して処方してもらうのもいいと思います。生理痛は当たり前ではありません。痛みは軽減できるのです。

続きを読む≫ 2016/09/29 19:07:29

 

女性の不調に骨盤が影響している理由があります。

 

骨盤は、ひとつの大きなかたまりではなくて、骨の縫い目のようなものがあって、ゆるんだり、しまったりする融通のきく骨になります。妊娠して子宮が大きくなるにしたがって、骨がゆるんで広がるようにできています。

 

骨盤は、仙骨、尾骨、腸骨、恥骨、坐骨などからできていて、どの骨との間にも隙間があって、ばらばらの状態になります。毎月の排卵によって、骨のつなぎ目がゆるんだり、しまったりします。

 

そうすると骨盤内はもちろん、その周辺の筋肉や血液の循環に変化がおこります。子宮は、腸骨や鼠蹊部につながっていますので、子宮の痛みは、骨や筋肉にじかに響きます。

 

ですので、排卵のときや子宮内膜が増殖しているときに、足の付け根が引っ張られるように痛んだり、わい腹がチクチク傷んだりするのです。女性のからだは病気でなくても、女性ホルモンの変化にともなう骨盤の変化で痛みを感じやすくできているのです。

 

このように、ホルモンの働き、骨盤のつくり、子宮、卵巣の働きは一連のものです。ストレスで脳のコントロールが乱れると、卵巣だけではなく、甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなど、ほかの内分泌系もひきずられます。

 

たとえば、ストレスや過度の疲労で女性ホルモンの分泌が乱れ、卵巣の働きが低下すると、月経不順になり、血行、筋肉、関節、自律神経系、免疫系に支障が生じてしまいます。そして、冷え、痛み、イライラ、疲れやすい、肌荒れ、風邪をひきやすいなどのさまざまな体調低下がおこります。

 

すると、それがまた卵巣の機能を低下させます。このように、すべて関連しあってます。

 

女性のからだは、決して臓器別に切り離しては考えられないつくりなのです。女性ホルモンの変調が、体調の悪さ、お肌の不調、心の変調としてあらわれることはわかっていただけましたでしょうか。不調は、全身どこにでもあらわれます。

 

そして、それはすべて女性ホルモンが影響しています。女性ホルモンのバランスを整えることは、不調を解消してキレイになる道なのです。

 

女性ホルモンの果たす役割が理解できましたら、次は女性ホルモンを自分で調節する方法を学んでいきましょう!今まで女性ホルモンにコントロールされていた私たちですが、これからは、女性ホルモンを自分でコントロールして元気でキレイになりましょう!

続きを読む≫ 2016/09/29 19:06:29

 

月一回の排卵というイベントによって、女性のからだも心も大きく変わるのがわかっていただけたでしょうか?

 

もともとは、こんなに変化の激しい女性のからだに、さらにストレスが加わったらどうなるのか・・・。女性ホルモンを司る脳の視床下部、下垂体はメンタルの影響を受けやすく、ストレスに敏感に影響される気管になります。卵巣からの女性ホルモンの分泌量に影響を与えるだけではなく当然、生理にも異常があらわれます。

 

からだの栄養状態によっても、脳や女性ホルモンは左右されます。無理なダイエットなどで、一気に体重を落とすと、脳が命の危機を感じ取ります。脳は生命維持を最優先にするため、それ以外の機能はとりあえず、強力にストップさせます。

 

生き残るためには、生殖機能は後回しにしますから、卵巣への指令(女性ホルモンの分泌)を抑えて、排卵もなくなり、生理も止まります。このように私たち女性には、生理という非常にわかりやすいからだのサインがあります。生理に異常があらわれるということは、女性ホルモンが乱れている証拠になります。生理は、女性のからだの心の状態をあらわす、大切なバロメーターになります。体調の崩れは女性ホルモンの乱れなのです。

 

 

女性の骨盤についても

次に大切な女性ホルモンを分泌する卵巣や子宮まわりの臓器が収められている骨盤についてのお話しもしておきましょう!

 

骨盤も、不調の原因を考えるうえでとても重要な部分を受け持っています。そこでまたも問題を出させてもらいます!

 

「女性の骨盤と男性の骨盤の形が違うのってしってますか??」

 

なんか問題の出し方ちょっとおかしいですが・・・。笑

 

そうなんです!女性と男性の骨盤の形は違うのです。男性の骨盤は、いってみればカクテルグラスみたいな形で、カーブが少なく縦に長くできています。

 

もちろん、大きさも女性より大きめのサイズになります。女性の骨盤はといいますと、妊娠して大きくなる子宮を支える役割と出産時に赤ちゃんの出口を確保する役割から、出口(そこの部分)が横に広くできています。いってみればブランデーグラスのような形です。男性より狭くてそこが丸いのが女性の骨盤になります。

 

その骨盤には、直腸、膀胱、尿道などに加えて、子宮や卵巣などの臓器まで詰まっているわけですから、骨盤内はきっつきつでまさに満員電車状態になります。これだけで、女性が下半身の血流が悪くなってしまい、冷えやすい理由がわかっていただけたのではないでしょうか??

 

さらに、もうひとつ血流が悪くなる原因があります。それが骨盤底のカーブになります。足の血管は、鼠蹊部(足の付け根部分)から骨盤の底を経由して背中へと向かいます。鼠蹊部から骨盤に至るところで、骨盤が大きなカーブを描いているので、血管は骨盤の形にそって大きく歪曲していかざるをえません。なので、血流が滞って血行が悪くなりやすいのです。

 

これは骨盤内の臓器にも影響して、むくみ、冷え、下腹部の痛み、圧迫感を感じやすい原因となります。これらの症状は女性特有の悩みになります。

続きを読む≫ 2016/09/29 19:04:29

 

では、女性ホルモンのお話しを進める前に、また問題です!

 

「生理の出血はどうしておこるのでしょう??」

 

この問題は、女性ホルモンの働きとも密接に関係していますのでしっかり考えてみてください。

 

妊娠すると生理はこないのだから排卵した卵子が割れて出血するんじゃ?なんて考えている人はいませんよね??

 

当たり前なのですがこれは間違いです!

 

確認のために、生理が毎月くるわけをご説明いたします。女性ホルモンは、妊娠できる状態を整えるために、子宮内膜を少しずつ厚くしていきます。この子宮内膜は妊娠すると、受精卵を育てるために使われます。でも妊娠しないと、厚くなった子宮内膜はもう必要なくなるので、体外に排出されます。これが生理になります。

 

生理の出血は「厚くなった子宮内膜の脱落」なのです。これを毎月、わたしたちのからだは閉経まで繰り返しています。妊娠すれば、子宮内膜は赤ちゃんのベッドとして必要なので、子宮内膜は脱落せずに生理はきません。

 

 

女性のからだは、女性ホルモンの影響を受けながら、一定のリズムで生理を繰り返しています。女性ホルモンは、常に同じ量が分泌されているわけではありません。妊娠可能な状態を毎月つくるために、ひと月の中でも時期によってホルモン分泌は劇的に変わっていきます。ホルモンの状態から、ひと月を4つの時期に分けることができます。卵巣期、排卵期、黄体期、生理になります。

 

まず卵巣期は、エストロゲン(卵巣ホルモン)がたくさん分泌される次期になります。卵巣の中の原始卵巣が発育して成熟卵巣になります。この成熟卵巣がエストロゲンを分泌して、子宮の内膜を増殖させるように働きます。この卵巣期(エストロゲン優位な時期)が、ひと月のうちでからだも心も快調で、お肌の状態もいい時期になります。エストロゲン分泌が多いと、女性は気分も安定していきいきとキレイでいられます。これは生理が終わってから排卵までで、だいたいひと月のうちで8〜10日間程度になります。その次にやってくるのは、排卵期になります。

 

卵巣の中で育った卵が成熟卵巣となって、卵巣壁が破れて卵子が飛び出します。この前後2〜3日を排卵期といいます。月経から排卵までの日数は人によってまた体調によってまちまちになります。

 

その次は黄体期になります。排卵後の卵巣は黄体(黄色い油のようなもの)となって、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵巣ホルモン)を分泌します。特にプロゲステロンの分泌量が多くなって、子宮内膜をやわらかくして増殖させて、受精卵着床の準備に入ります。体温も上がって高温期に入ります。生理が始まるまでの約12日間が黄体期になります。でもわたしたち女性にとって、このプロゲステロンが優位な時期はあまり体調がよくなくて、楽しく過ごせる時期ではありません。人によっては腹痛、腰痛、頭痛がおきたり、むくんだり、精神的に不安定になってイライラしたり、吹き出物が出たりします。これらの症状が重くなり月経前症候群となるのも、この黄体期になります。

 

黄体期は妊娠にとって大切な時期ですが、このつらい黄体期が終わりますと、生理がやってきます。この時期を月経と呼びます。妊娠しないと、排卵後に、約2週間でプロゲステロンとエストロゲンの分泌は衰え、妊娠に備えて増殖した子宮内膜は剥がれ落ちて生理となって排出されます。

 

生理の時期は、プロゲステロンもエストロゲンの分泌もひと月のうちでもっとも少ない状態になります。生理は個人差はありますが、だいたお5日間ほど続き、生理終了後から、またエストロゲン優位の卵巣期から始まります。

 

ひと月約28日周期でこの4つの時期を繰り返します。なお、ここにあげた4つの時期の日数はあくまで目安になります。人によって個人差が大きくて、卵巣期が短かったり長かったり、それによって生理から次の生理までがみじかかったり長かったりします。生理の周期の正常範囲は25日〜38日が目安になります。これより短かったり長かったり、いつもと違ったりしてきたら婦人科を受診しましょう!

続きを読む≫ 2016/09/29 19:02:29

 

さらに女性ホルモンについての知識を深める前に、続いては女性のからだの仕組みについてみていきましょう。女性特有のからだの期間には、子宮、卵巣、卵管、膣があります。そこでひとつ問題です!

 

「子宮と卵巣、卵管はいくつあるか知っていますか??」

 

女性だからわかるに決まってる!と憤慨される方もいるかもしれませんが、なかには「子宮も卵巣もひとつずつです!」とか「全部の気管は2つずつあるんじゃかったけ?」なんて答える人もいるかもしれないので念のためです・・・。

 

正解はもちろん、子宮はひとつ、卵巣は左右にひとつずつ、計ふたつになります。そして、子宮からは卵管が左右に1本ずつ伸びています。なので卵管は計2本になります。

 

まずは卵巣についてお話しさせていただくと、卵巣は、左右の卵管の下あたりにあって、細い靭帯で子宮につながれています。私たち女性が生まれたとき、卵巣の中には、数十万個の卵のもと(原始卵巣)があって、思春期になって(11〜12歳ごろ)脳の刺激が始まると、この卵巣が順番に発育して成熟卵巣になって、毎月1個の卵子を卵巣から排出します。これが排卵になります。

 

排卵までは卵巣内で成長して、いよいよ成熟卵巣になると、卵巣の内側の壁についていたイクラのような卵巣がパチンとはじけて卵子が外に飛び出します。そして、排卵して漂ってる卵子を受け止めるのが卵管の役割になります。卵管は子宮の上部から左右に1本ずつ卵巣近くに伸びている管で、排卵によって飛び出した卵子を、卵管の先にある卵管采がキャッチします。

 

無事に受け止められた卵子は、卵管内を通って子宮まで運ばれます。卵管の途中で、膣から入ってきた精子と出会えれば受精がおこり、受精卵となるのです。受精卵を出産まで育てるのが、子宮の役目になります。受精卵が子宮内膜に付いてから出産までの間は、胎児を保護して育てます。子宮の大きさは通常はニワトリの卵くらいになりますが、妊娠するとどんどん大きくなって、出産前の臨月期には長さが約50センチ、赤ちゃんを包む大きさにまで膨らみます

 

この排卵、妊娠の過程に女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは大きくかかわっています。エストロゲンは受精卵が着くような熱さに子宮内膜を整えたり、卵子を運ぶ卵管の活動を活発にします。出産時、子宮の筋肉をおこしたりもします。また。プロゲステロンは、受精の環境を整え、受精卵が着くあとの子宮内膜の状態を、妊娠が継続できるように整え、子宮の収縮をおさえて流産を防ぐ働きをします。

続きを読む≫ 2016/09/29 19:01:29
ホーム RSS購読 サイトマップ